シネマ

「あゝ、荒野」映画の動画をフルでデイリーより確実に観る!

更新日:


新次とバリカン、プロボクサーを目指す2人の男は、やがて逃れられない運命に飲み込まれて行きます!菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさんのW主演で送る映画「あゝ、荒野」の動画はデイリーモーションでフルで視聴出来るか、気になりますね!「あゝ、荒野」映画の動画はデイリーモーションでフルで視聴出来るのか、調べて見ました!

「あゝ、荒野」が見られるのでクリックしてください!
↓  ↓  ↓
「あゝ、荒野」を観る!

Contents

「あゝ、荒野」映画の動画はフルでデイリーモーションで観れる?

(出典:https://woman.type.jp)

10月7日(土)に前篇、10月21日に後篇の2部作が2週間限定で公開される映画「あゝ、荒野」ですが、やはりというか現時点で、デイリーモーションで映画「あゝ、荒野」の動画フルでを視聴する事はまだ難しい段階ですね。

そして何よりも、デイリーモーションで映画「あゝ、荒野」の動画をフルで視聴する事には、実はハイリスクな行為なんです!その意味をご説明したいと思います。

デイリーモーションは確かに、無料で色々な動画を見る事が出来て、大変便利なサイトですよね!しかし、意外な落とし穴があるのをご存知でしょうか?

第一にはウイルスの問題があります。デイリーモーションのサイト内にある、外部へ誘導のリンクをクリックすると、ウイルスに感染してしまう事があります!PCがウイルスに感染してしまうと、一からバックアップを取って初期化したり、最悪の場合PCを買い換えなければならなかったり、大変な思いをしなければいけません。

2点目は法律上の問題です。デイリーモーションの中には、違法にアップロードされている動画もたくさんあって、そういった動画をあなたがもしダウンロードしたなら、犯罪行為となってしまうんですね!著作権者があなたを訴えれば「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」になるんです(遠藤憲一さんのCMでも有名ではないでしょうか)。

「あゝ、荒野」映画の動画をフルでU-NEXTの無料トライアルで安心・安全・高速に視聴する方法

「あゝ、荒野」は前篇10月7日(土)、後篇が10月21日に公開になりますが、何と劇場公開に先駆けてフルで配信する動画配信サイトがあります!それが『U-NEXT』なんです!

9月29日(金)から『U-NEXT』では「あゝ、荒野 完全版」として第1話を配信します!第2話は10月6日(金)それ以降も毎週金曜に全6話での配信を行います。嬉しい事に更新劇場版に未公開シーンが追加されるというサービスも!

ただここで、あなたは1つ疑問を持つと思います。あなたは映画「あゝ、荒野」の動画をフルで無料で観る為に、デイリーモーションを探していたのですね?確かに『U-NEXT』は、月額1,990円 (税抜)の料金がかかります。しかし待ってください!『U-NEXT』には実は、31日間の無料トライアルをが設けられているんです!ですから、登録してから31日以内に解約すれば、お金はかからないんです!

国内最大級の、12万本以上の作品数を誇る動画配信サービス『U-NEXT』に無料トライアル登録するのは簡単で・生年月日・性別・メールアドレス・パスワード・電話番、を入力した後に次のページで、・クレジットカード番号・クレジットカード有効期限・クレジットカードセキュリティコード、を入力すればオッケーです!

「見放題」「読み放題」のアイコンがついた作品であれば、31日間のトライアル期間にいくらでも楽しめますし、加えて600円のポイントプレゼントもありますので、「ポイントOK」のアイコンが付いた作品は、動画は540円、コミックは500円以下ですので、好きな作品が1つ無料でレンタル出来てしまいます!

あなたがトライアル期間内にU-NEXTのサービスが気に入ったなら、継続して月々1990円の料金で毎月1日には1200円のポイントがあなたにプレゼントされます!言うまでもないですが、トライアル期間終了時点で1日でなくても1200ポイントがもらえるんです。

あなたもU-NEXTで、デイリーモーションよりもっと豊かに安心・安全・高速に動画ライフ、送りませんか?

「あゝ、荒野」以外にも菅田将暉・ヤン・イクチュン出演映画の他の作品動画もフルで視聴出来る!

『U-NEXT』ではもちろん、映画「あゝ、荒野」以外の菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさん出演映画の動画もフルで視聴出来ます!

「溺れるナイフ」

菅田将暉さん、小松菜奈さんによって演じられる10代の恋愛は、ガラスのように脆く、それでいて突き刺すように鋭い世界観です。菅田将暉さんが演じる金髪の美少年・長谷川航一朗が、危うい魅力を放ちます!

「溺れるナイフ」の記事はこちら→「溺れるナイフ」映画の動画をフルで観る方法

「何者」

菅田将暉さんの他に佐藤健さん、有村架純さんといった今をときめくキャストでおくる人間ドラマ。『就活』さ中のの5人の大学生が「対策本部」を設置してSNSなどを通じて意見交換しますが、やがて「内定者」という裏切り者が出た事によって、各々の妬みや本音が露呈していきます。

「何者」の記事はこちら→「何者」映画の動画をフルで観る方法

「大丈夫、愛だ」

『恋愛恐怖症』に悩むチ・ヘスは、男性顔負けの腕を持つ精神科医でした。そんなヘスに興味津々なのが、トークショーで一緒になったイケメンベストセラー作家のチャン・ジェヨルです。ジェヨルは積極的ヘスに次々とアプローチを仕掛けます!ヤン・イクチュンさんは、受刑者でジェヨルの兄のチャン・ジェボムを演じます。

「息もできない」

社会の底辺を生きていた男サンフン(ヤン・イクチュンさん)は父親への怒りと憎しみに明け暮れていました。出会った女子高生ヨニは勝ちきながらもまた、傷ついた心を隠して生きていました。2人は歳は離れていましたが、お互いに理由もなく惹かれあいました。二人の魂は、漢江の岸辺で結びつきますが、それから2人の運命の歯車は音を立てて、崩れ始めたのです・・・

クリックすれば観る事が出来ます
↓  ↓  ↓
「あゝ、荒野」以外の作品も観る!

「あゝ、荒野」だけではなくツタヤディスカスはCD、DVD、Blueray全部無料!

ツタヤディスカスなら、新作の有料動画はあなたがもらえるポイントを使ったり、今すぐでなくても良ければ宅配レンタルを利用することで、無料で観られます。旧作はもちろん無料で観られますからね!そして今なら、CDの無料レンタル特典もついてきますからこちらも無料という事になります。

「あゝ、荒野」映画の作品紹介

映画「あゝ、荒野」冒頭ではラーメン店で、新次が一番安いラーメンを食べて途方にくれています。仲間の振り込め詐欺グループからも裏切られ、パッとしない日々です。

バリカンの家は理容店をしており、父親の暴力から上手く話せないようになりますが、日本語を一生懸命勉強しています。

新次とバリカンの2人がボクシングジムで出会い、様々な人間的葛藤を乗り越えていく様子が、骨太な描写で描かれていきます。

「あゝ、荒野」映画の作品データ

・製作年 2017年
・公開日 2017年10月7日
・製作国 日本
・上映時間 304分
・製作、配給 スターサンズ
・製作プロダクション テレビマンユニオン

「あゝ、荒野」映画の上映スケジュール・公開情報は?

映画「あゝ、荒野」は、それぞれ前篇・後篇に分かれて2週間限定で劇場公開されます!

前篇が10月7日(土)~公開、後篇が10月21日(土)~公開

・北海道
札幌シネマフロンティア他

・東京
渋谷シネパレス
新宿ピカデリー
池袋シネマ・ロサ他

・愛知
ミッドランドスクエアシネマ他

・大阪
なんばパークスシネマ他

・福岡
福岡中州大洋 他

全ての府県ではありませんがその他にも、全国各地の映画館で公開されます!

「あゝ、荒野」映画動画のあらすじは?

新宿歌舞伎町のボクシングジムで「新宿新次」と「バリカン」という2人の男が出会います。強気な性格のワルで少年院上がりの新次と、きつ音と対人恐怖症と戦う「バリカン」は、対照的な青年でした。しかし2人はどういう訳か気が合い、新次はハードな練習量で勝ち星を重ね、バリカンは敵を倒すという事に戸惑い、勝利からは遠ざかっていくのでした。

お互いに切磋琢磨しながら生きていく2人でしたが、やがてバリカンの中に、『新次と戦いたい』という思いが強くなります。

「あゝ、荒野」映画動画の見どころは?

全てが対照的に思える新次とバリカンですが、2人にはある共通点があり、それは2人の過去に関係するこ事でした。

「あゝ、荒野」は、もちろん菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんの主演2人なしには語れないのですが、バイプレイヤーの方も素晴らしい演技で、画面に引き込まれます。

ユースケ・サンタマリアさん、山田裕貴さん、高橋和也さん、木村多江さん、モロ師岡さん、でんでんさんていった面々が脇を固める事によって、より物語に重厚さが出ています。

そして、映画の中核をなすのが、迫真のボクシングシーンです。菅田将暉さんは、ボクシングの練習を相当積んだそうですが、それにしても見事なリアリティだと思います。役になりきるというのは、こういう事なんですね!

「あゝ、荒野」主演2人のインタビュー内容は?

菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさんの2人は、インタビューを受ける中で、自身の映画に対する思いを語っています。

ヤン・イクチュンさんは「今は全てが機械で便利になって、人間が自分の手で何かをする事が無くなっている。でも人々は本当は自分の手でしっかりと何かをするような生き方を本当は求めているんじゃないか。この映画がそういった人たちへのメッセージになって欲しい。」と思いを告げました。

それを受けて菅田将暉さんも「今は自分が地に足をつけた生き方を出来てない事にすら、気づいてない人も多いのでは。自分が芝居をするのは、そういった事に対する使命感のような部分もあると思う。」と、大きく共感しています。

「あゝ、荒野」映画動画のネタバレは?

菅田将暉さんの役柄は、プロボクサーを目指す青年です。ですので、今まで経験をしていない『体を鍛える』事に取り組みました。それまで菅田将暉さんが演じた役は、ほとんどが精神的に独特の世界観を持った役柄でしたので、今回の新次という肉体的にも男っぽい役は、はじめてと言って言いかも知れません。

菅田将暉さんにボクシングの指導をしたトレーナーによりますと、トレーニングをさらに続けたらプロボクサーを目指せるレベルだったそうです。

クライマックスでは、新次が放つパンチを「十七発、十八発」という数字で強烈に表します。そして前篇が終わる時のセリフが、後篇への伏線となる衝撃のセリフなんですね。

「あゝ、荒野」映画の予告動画はこちら!

「あゝ、荒野」は映画の予告動画も出ていますね!

「あゝ、荒野」映画動画の概要とキャストは?

映画「あゝ、荒野」は、1966年刊行の寺山修司さんの長編小説が原作です。寺山修司さんは、この小説をモダン・ジャズの手法によって書いたそうです。それはどういう事かといいますと、最初に大雑把な構成だけ決めておいて、あとはアドリブで書いていくという、かなり斬新な手法を使っていたのでした!

そしてキャストはもちろん、菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんという2大俳優によるW主演です!

・菅田将暉

(出典:https://twitter.com)

2007年の「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中から、見事ファイナリスト31人にまで残りましたが、あと一歩で落選してしまいます。しかし2008年には第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリスト12人に選ばれて、トップコートに所属します。

2013年「共喰い」に主演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した後は、「キセキ-あの日のソビト-」「何者」「海月姫」「溺れるナイフ」「ディストラクション・ベイビーズ」とヒット作に出演します!

去年出演した石原さとみさん主演のドラマ「地味にスゴい!」でモデル兼作家・折原幸人役を演じ、「溺れるナイフ」の長谷川航一朗役と共に、ファンの間では好きな役としてトップに位置しています!

・ヤン・イクチュン

(出典:http://starsands.com)

ヤン・イクチュンさんは公州映像大学演芸演技科の卒業生です。韓国では徴兵制があるため、21歳で兵役に就き後に演劇を学んで、アクターズ21アカデミーから俳優として活動します。

2009年の映画「息もできない」では初監督を努め、キネマ旬報ベスト・テン外国映画ベスト・テン第1位・外国映画監督賞を獲得しました!

・ユースケ・サンタマリア

(出典:http://geinou-9.jp)

本名は中山裕介、ラテンロックバンド「BINGO BONGO」のヴォーカル・MCとして1994年にデビューします。スペースシャワーTVで生放送の2時間番組「夕陽のドラゴン」の司会を、1995年4月~1997年3月までウルフルズのトータス松本さんと務めましたが、『ガッツだぜ!』の大ヒットで1996年にトータス松本さんが多忙になってしまい、ユースケさんはふさぎこむ時もあったそうです。

ユースケさんはその後バラエティ番組「『ぷっ』すま」や、ドラマ「踊る大捜査線」への出演で知名度を上げていきます。精神面での疲労による体調不良によって、2004年2月~3月にかけて仕事を休業しますが年内に復帰を果たします。主演した2005年の映画「交渉人 真下正義」はその年の実写映画No.1の興行成績となり、ユースケさんは第29回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました!

・山田裕貴

(出典:http://www.watanabepro.co.jp)

高校卒業後にワタナベエンターテイメントカレッジに入学、卒業後の2010年に「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストに残りました。D☆DATEの新メンバーには選ばれなかったのですが、ワタナベエンターテインメントに所属し12月、D2に加入します。俳優デビューを2011年のテレビドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で果たし、2012年「GTO」、2016年「キャバすか学園」、2017年「僕たちがやりました」などのテレビドラマで活躍しています。

映画もHiGH&LOWシリーズや「青空エール」「オオカミ少女と黒王子」などのヒット作に出演しています。

「オオカミ少女と黒王子」の記事はこちら→オオカミ少女と黒王子映画の動画をフルで観る方法

「青空エール」の記事はこちら→「青空エール」映画の動画をフルで観る方法

「HiGH&LOW THE MOVIE」の記事はこちら→HiGH&LOW THE MOVIE映画の動画をフルで観る方法

・でんでん

(出典:http://www.sponichi.co.jp)

本名は緒方義博、19歳の時に渥美清さんに憧れて、弟子入りの為に上京しましたが、本人には会えなかった為断念します。約4年間のサラリーマン生活を経て、劇団ひまわりに入団します。30歳の1980年に「お笑いスター誕生!!」に出演して8週勝ち抜き、金賞を獲得した事が芸能界デビューのきっかけとなりました。

1981年の映画「の・ようなもの」で俳優に転身します。2010年の出演映画「冷たい熱帯魚」では、表では笑顔を見せながら裏で連続殺人鬼という熱帯魚店経営者を演じて、第35回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、第36回報知映画賞などの国内の助演男優賞を次々と受賞しています。

『でんでん』という芸名の由来は、「でんでん太鼓みたいに芸能界を打ち鳴らし、でんでん虫みたいに芸能界の一国一城の主になれ」という意味があるんだそうです!

・高橋和也

中学1年生の時にジャニーズ事務所に入ります。4人編成のバンド「男闘呼組」のベーシストとしてデビューしました。1993年に男闘呼組の4人で出演した舞台『スラブ・ボーイズ』の終了後に、事務所から解雇されます。

2014年に出演した映画「そこのみにて光輝く」での演技が評価され、高崎映画祭最優秀助演男優賞を受賞しました。

・モロ師岡

専修大学在学中に劇団現代に入団します。1990年以降はコメディアンとしてテレビに出演し、1996年の北野武監督映画「キッズ・リターン」でチョイ中年ボクサーを好演し、東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞しました。

テレビや映画では、脇役としてさりげない存在感を示し、近年はコント、一人芝居を開催しています。

・木村多江

高校時代に、樹木希林さんが出演のドラマ「台所の聖女」を見て感動し、演技の道を志すようになりました。大学在学中から舞台「美少女戦士セーラームーン」に出演するなど、舞台を中心にとして活動します。

21歳の時に父親が急逝した為、飲食店やサービス業のアルバイトを掛け持ちして家計を支えていました。当時は睡眠時間が1、2時間しかなかったそうです。

初の主演映画となった「ぐるりのこと。」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞などを受賞します。2010年にはCNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれました。

「あゝ、荒野」映画の動画で、今野杏南と木下あかりの濡れ場シーンがある?

「あゝ、荒野」のU-NEXT配信版は完全版ですので、劇場版ではカットされたシーンも入っています!そして劇場版では、今野杏南さんと木下あかりさんが絡むシーンがあると言う事で話題になりました!

・今野杏南

(出典:http://biz-journal.jp)

中学3年生の時にバラティ番組「シブスタ S.B.S.T」の中の「フェロモン中学生」というコーナーに出演し、芸能界デビューします。『日テレジェニック2012』に2012年には選ばれ、ロンドンオリンピックのサポーターガールを務めました。この時から『石原さとみ似のグラビアアイドル』と言われるようになり、ブレイクを果たします。

「恋がヘタでも生きてます」「拝啓、民泊様。」とテレビドラマの出演も記憶に新しいですね!

・木下あかり

(出典:http://tristone.co.jp)

地元の福岡で演技を学んでいた時にスカウトされた事が、デビューのきっかけとなります。小学校低学年の時の劇で初めて芝居をし、その時から演技をする事が普通の事と思っていて、将来は女優になる以外は考えたこともないそうです。性格は、緊張しやすく人見知りという事だそうですが、生まれ持っての女優気質と言えるかもしれませんね!

「あゝ、荒野」映画動画を観た人の感想・口コミ、レビュー・評判は?

映画「あゝ、荒野」を観た人たちの感想・口コミ、レビュー・評判は、こんな感じです!

・うわー!おもしろかった!
こういう気持ちになるの邦画で久しぶりな気がする。
あのね、すっごく元気出るよ。
アドリブ入ってる?ってくらいセリフとか、自然に感じることが多くて、不思議な気持ちに見ててなった。
いいなぁ菅田くん。自然に本当に演じてるの。全然前科持ちでも悪いやつって感じしなくて、まっすぐで良いやつで。“男の子”って感じでいいな。キュンとした、ほんと。人好きっぽい、菅田くんのところがうまくマッチしててすごく良かった。
ケンジ役のヤン・イクチュンも、上手く可愛げを出しててすごいなって思った。なかなかに彼の過去は辛いし、吃ってるの見てて苦しくなってくる。わかるよって、泣いちゃうシーン思ったし可愛くてすごく微笑ましかった。松田聖子歌うところもめっちゃ良かった〜笑 本当にかわいい。好き。
ユースケさんの面倒見が良いんだけどちょっと胡散臭いところとか…でんでん!でんでんさんハマり役じゃない?でんでんはずるくない?笑 やばかった。
ホント、一人一人キャラが立ってて社長と、秘書の木村多江さんとか、面白かった。
何回やるの…?って過激なシーン多くて思ったネ……
社会風刺的な側面もあったり、気持ち悪くなったり、見ててざわざわするところもいっぱいあったけど、後味が悪くなくて良かった。クスッと笑えたり、愛だなって思ったり、にやにや笑えたり…最高でした。
エンディングの曲も良かった!
すごく後編楽しみ!

・やばい。すんごい。あゝ。あゝ。
本当に観終わったあとはこんな感情になった。
簡単に言葉で感想を言いたくないような気持ちになる映画。
すっごく自然な会話の中にツボに入る言葉がふとあって、笑かそうとしてるわけじゃないと思う。笑い声が映画館のあちらこちらから上がる。観た映画館も良かったな。笑いが自然に詰まった映画。
3作品1つの映画で観たかのような満足感。
すっごく好き。新宿しんじとバリカンけんじ。菅田将暉とヤンイクチュン、演技にもあの2人の仲の良さが現れていた。
そして最高にユースケサンタマリアがエッセンス!彼無しでは成し得ない作品になっていると思う。
ボクシングにしろ、セックスにしろ、暴力にしろ、人間の本能をこの映画はガツンと見せてくる。
「あゝ、荒野」
って呟きたくなる。

・個人的にこれめっちゃ好き!!
久々興奮が観た後に止まらない感じ。
人間関係がこんな都合よく1つの場所に収束していくもの?とかは野暮なことなので置いといて、ほんと素晴らしい。それぞれの人物のドラマはもちろん、ボクシングシーンの音、迫力、たまらん!!!!!
絶対後半もやばい〜ずるいずるいシンジとケンジの戦いはもうすぐに後編観ます。
かっけーだけじゃなくて菅田将暉は、とんでもない俳優さんだなと思いました。

・演技力が菅田将暉は凄い…引きつけるような演技力が何かあります。
熱いボクシングかと内容は思っていましたが少し違いました、人間ドラマやボクシングを始めるまでの経緯、平行して進む自殺フェスの話、こんなに続きが、ただのボクシング映画なら気なったのか、。
後篇が気になる前篇でした。

・長い。
長いけど見応えがとてもあった。
寺山修司原作ということは、大震災、原発事故以後という時代設定もあり忘れて観てた。
ハングリーにならざるを得ない環境の孤独な人達とボクシングというのは相性が極めて良いことは、他の作品でもよくわかる。
「自殺」というキーワードがこの作品では興味深くもあった。
人に歴史あり。
人間関係のこの中での絡み合いが面白かった。
喜怒哀楽の中の多くを「哀」と「怒」が占めるものの、その中でポジな部分が芽生えてくるのが救い。
後篇も楽しみ。

・同じフレームに菅田将暉とヤンイクチュンとでんでんが入ってるだけで、
映画ファンとしては胸熱!!!!
そして結構前から気づけば(「高校デビュー」かな?)菅田将暉の作品を観てきていて、
こんなにも狂気的で色気がある目をする役者になったんだなぁと、
同世代なのに驚嘆しちゃった。
アイドル的人気俳優から、
菅田将暉は地に足ついた渋い骨太の役者になってほしい、、、
泥臭くて男くさくて一気に惹き込まれた。エキサイティングで最高!

・汗と涙と血と憎悪と葛藤と、
人間の闇と綺麗な部分が凝縮された作品だった。
役者たちの熱量がすごいから、
視聴している側も疲れる。
数々の今年の主演男優賞にノミネートされている菅田将暉の演技に脱帽。
ただのイケメン俳優ではなかった。
そしてその名を「息もできない」で轟かせたヤン・イクチュン。
父親に殴られ、感情を思わず漏らすシーンでは体が痺れた。
ただのボクシングスポ根映画ではないと言う事は確か。

・あー久々にこれ好きな邦画きた。
邦画にはこういう作品があふれてほしい。

・素晴らしく菅田将暉の熱さと、ヤンイクチュンの静かさがシックリしている。
木下あかりがすごい。
違和感が全くない、ドキュメンタリーに感じてしまうほどの演技というのは、すごいことだよなあ。

・う〜ん!いい!!
何がいいってかっこよすぎる菅田将暉が。らんぶる にも純喫茶 丘 にも居るあたりもよかった。
ボコボコにするシーンがかっこよすぎる。
後半、これから観て来ます。

・2021年の新宿が舞台なのに昭和っぽい。
社会問題を絡めたそれぞれの登場人物の孤独感と、希望を、絶望の中にいながら見出そうとする熱が良かったし、後篇をこの気持ちのまますぐ観たくなった。
自殺防止サークルと世間が狭過ぎるのは気になったけど。
リングネームの件は笑えた。

菅田将暉の表情、特に目つきに爆発しそうな気持ちが表れてた。ヤンさんも吃音の喋り方と内気な仕草が素晴らしかった。

・前編見た後は、後編が楽しみでしたが、けっこう後編を見終わった後に振り返る前編は辛い…

・前篇がおわった。すごかった。。。早く後篇みたい。

・U-NEXTであゝ荒野第2話観た💥新次と建二がとても愛しいかった

・菅田将暉のあゝ荒野ユーネクで観てたけどどちゃくそ面白いな

・「あゝ荒野」予告見た時も思ったんだけど、これだけの熱量がメイキングで伝わってくるなんて凄すぎる。これが前編後編あるって、そりゃ見た後放心状態になる訳だよ……。もっと公開劇場増やしてほしいな……

いかに熱い作品か、ひしひしと伝わりますね!

「あゝ、荒野」映画動画の制作人(スタッフ)は?

映画「あゝ、荒野」の制作人(スタッフ)はこちらです。

原作: 寺山修司
監督: 岸善幸
脚本: 港岳彦
撮影: 夏海光造
音楽: 岩代太郎

「あゝ、荒野」映画動画の原作者・寺山修司について

「あゝ、荒野」の原作者である寺山修司さんは、早稲田大学在学時より歌人として活動し、後にシナリオ作家としても活躍するようになりますアートシアター新宿文化で。1967年に公演された「毛皮のマリー」には、美輪明宏さんが出演しました。

漫画「あしたのジョー」キャラクター・力石徹の葬儀が1970年に行われた時には、葬儀委員長を務めたほどで、「あゝ、荒野」も「あしたのジョー」の影響を強く受けている作品と言えるでしょう。

「あゝ、荒野」映画動画の監督・岸善幸について

「あゝ、荒野」の監督を務めた岸善幸さんは、早稲田大学卒業後にテレビ番組製作会社・テレビマンユニオンに参加します。「アメリカ横断ウルトラクイズ」のスタッフや、「世界ウルルン滞在記」の原型である「地球ZIGZAG」の企画発案、演出を努めます。「情熱大陸」では番組のコンセプトワークに関わり、多くのテレビ業界の賞を受賞します。

映画初監督作となる「二重生活」が2016年に公開されました。

「あゝ、荒野」映画動画の主題歌『今夜』MVはこちら

BRAHMANが演奏する、映画「あゝ、荒野」動画の主題歌『今夜』MVは、こちらから聴く事が出来ます。

「あゝ、荒野」映画動画の主題歌を歌うBRAHMANメンバー紹介

・TOSHI-LOW/vo

本名は宮田俊郎、茨城県出身で、妻は女優のりょうさんです。復興支援団体「幡ヶ谷再生大学」の学長で特技は、ライブで自分に向かってダイブする客をマイクで殴る事だそうです。

KOHKI/gt

本名は掘幸起、和歌山県新宮市出身です。

MAKOTO/ba

本名は小澤誠、長野県松本市出身でドラムのRONZIさんとは、高校の同級生なんですね。

RONZI/dr

本名は小林論史、長野県松本市出身でラーメンを作るのも、プロ級だそうです。なんでも追求するんですね。ソロでは弾き語りで自作の「好き好きロンちゃん」という曲を演奏する事もあります。

そしてこのサービスは、今は見ることが出来ますがいつ終了するか分からないので、登録しておくことをお勧めします!

クリックしてください!
↓  ↓  ↓
「あゝ、荒野」を観る!

関連記事

「溺れるナイフ」映画の動画をフルで観る方法


-シネマ

Copyright© ドラマで毎日を楽しく!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.