シネマ

「溺れるナイフ」映画の動画の無料視聴はbilibiliで出来る?

更新日:


菅田将暉さんと小松菜奈さんが主演の、ハラハラドキドキ目が離せない青春映画「溺れるナイフ」、動画を無料視聴したくないですか?実は映画の動画を無料視聴出来る方法があるんです!さっそく気になる「溺れるナイフ」の動画を無料視聴する方法、見ていきましょう!

「溺れるナイフ」が見られるのでクリックしてください!
↓    ↓    ↓
「溺れるナイフ」を観る!

「溺れるナイフ」映画の動画はbilibiliで無料視聴出来る?

中国系動画サイトの『bilibili』、色々な動画が無料視聴出来るので便利ですよね!映画「溺れるナイフ」の動画もbilibiliで無料視聴出来るのでしょうか?残念ながら、現在のところ、bilibiliに映画「溺れるナイフ」の動画はアップロードされていないようです・・・しかも、最近はスマホではbilibiliの動画は6分以上見れなくなりました(アプリをダウンロードすれば解決するようですが)。

ですが、そういった事よりも何よりも、bilibiliで映画「溺れるナイフ」の動画を無料視聴する事は、あなたにとって非常にリスキーな行為となります!

「溺れるナイフ」映画の動画を違法サイトで無料視聴するのはリンクが危険?

動画サイトbilibiliには、違法にアップロードされた動画も数多く存在しています。そういった動画をダウンロードする行為自体が、犯罪になってしまうんですね!もし例えば著作権者からあなたが訴えられれば「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」と言う事になります。

さらに、bilibili内にある、外部サイトへのリンクをあなたが興味本位でクリックすると、PCがウイルスに感染する場合があります。ウイルスに感染してしまった事で、PCを初期化しようと一からバックアップを取るのは、大変でもありますし、最悪の事態にはPCそのものを買い替えなければいけません!

「溺れるナイフ」映画の動画を無料視聴する配送先は?

(出典:https://matome.naver.jp)

それでは映画「溺れるナイフ」の動画を無料視聴する為には、どうすればいいのでしょうか?映画「溺れるナイフ」の動画を無料視聴する配送先には、『動画配信サービス』を利用するというのが正しい方法だと思います。『動画配信サービス』配送先として私markeyは、『ツタヤディスカス』をあなたにおすすめします!『ツタヤディスカス』は『月額933円の動画配信サービス』『月額1865円の宅配cd/dvdレンタルサービス』『月額2417円の動画&定額レンタル』という3種類のサービスが選べますので、映画やドラマを色々な方法で楽しめるようになっているんです(^^)

という事は映画「溺れるナイフ」を動画配信という形で無料視聴出来るだけでなく、dvd宅配でも楽しめてしまうのが『ツタヤディスカス』なんですね!ただ、あなたは「無料視聴」したいからbilibiliで「溺れるナイフ」の動画を探したと思います。『ツタヤディスカス』は今なら30日間の無料お試し期間がありますので、期間内に退会すれば料金は払う必要がありません!

登録もすごくカンタンで氏名、メールアドレス、パスワード、クレジットカード情報を入力するだけで終わってしまいます!

クリックして確かめてみてもおもしろそうです!
↓    ↓    ↓
「溺れるナイフ」を観る!

「溺れるナイフ」以外のおすすめ映画の動画も観られる!

そして『ツタヤディスカス』では、お試し期間内であれば、「溺れるナイフ」以外の動画も無料視聴出来てしまうのも、嬉しい所です!例えば、菅田将暉さん出演の「ディストラクション・ベイビーズ」「キセキ-あの日のソビト-」「何者」「デスノート Light up the NEW world」「海月姫」や、小松菜奈さん出演の「渇き。」「黒崎くんの言いなりになんてならない」「バクマン。」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」そして菅田将暉さんと共演の「ディストラクション・ベイビーズ」ももちろん無料視聴出来ます!

クリックで「溺れるナイフ」以外の動画を観ることが出来ます!
↓  ↓  ↓
「溺れるナイフ」以外の動画も観る!

「溺れるナイフ」映画動画の概要・作品情報は?

映画「溺れるナイフ」映画の基本情報をみていきましょう!原作は漫画家のジョージ朝倉さんによるものです。2004年11月から別冊フレンドに連載中で、17巻まで単行本が発売されていますが、同じくジョージ朝倉さんの作品である「ピース オブ ケイク」は、多部未華子さん、綾野剛さん主演で2015年に映画化されました。菅田将暉さんも出演していましたね!

監督は女性の山戸結希さんで、上智大学在学時に撮影した「あの娘が海辺で踊ってる」が評価され、主に少女を主題とした作品を中心に映画を作り続けています。少女の過剰な自意識の描き方が素晴らしいと言われている監督です!

「溺れるナイフ」映画動画のキャスト俳優は?

映画「溺れるナイフ」の主要キャスト俳優を見ていきます!
・菅田将暉

(出典:http://news.livedoor.com)

応募者65,368人という、2007年の「アミューズ30周年記念オーディション」で見事にファイナリスト31人にまで残ったのですが、惜しくも落選してしまいます。

翌2008年に行われた、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリスト12人に選出され、この出来事によってトップコートに所属します。

主役を演じた2013年の「共喰い」では、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。その後も「海月姫」「何者」「キセキ-あの日のソビト-」「ディストラクション・ベイビーズ」と数多くの話題の映画に出演します!

去年のドラマ、石原さとみさん主演の「地味にスゴい!」では、モデル兼作家という斬新な役柄を好演しました!

・小松菜奈

(出典:http://www.stardust.co.jp)

2008年にファッション雑誌『ニコ☆プチ』でデビューした後に、モデルとして様々な雑誌で活躍します。

2014年の映画「渇き。」オーディションで中島監督に発掘されて、主人公の娘・藤島加奈子役を獲得し女優デビューします。

そして、「近キョリ恋愛」で枢木ゆに役で、「バクマン。」では亜豆美保役で連続してヒロインを務めます。「溺れるナイフ」主演後にはマーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙 -サイレンス-」で、ハリウッド・デビューという快挙もなし得ています!

・重岡大毅

(出典:http://msh-c5.hatenablog.com)

ジャニーズ事務所に入所後にHey! Say! 7WESTのメンバーとなります。その他、関西ジャニーズJr.で組まれるユニットの、参・忍者のメンバーとしても活躍しています。

「ええじゃないか」で2014年4月23日に、現在所属するジャニーズWESTとしてCDデビューを果たしました。

・上白石萌音

(出典:https://www.youtube.com)

軽い気持ちで中学1年の時に受けた、2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』において審査員特別賞を受賞します。妹である2歳下の上白石萌歌さんはグランプリを受賞し、一緒に東宝芸能へ所属しました。ヒップホップグループ・HOME MADE 家族の「スターとライン」のPVに、2011年9月に萌歌さんと出演します。

2014年には800名を超えるオーディションを勝ち抜いて、映画「舞妓はレディ」で主人公の春子役で映画初主演を果たし、監督の周防正行さんから「平成のオードリー・ヘップバーン」と最大級の賛辞を頂きました!テレビドラマ「ホクサイと飯さえあれば」で今年1月には連続ドラマ初主演しています。

・志磨遼平

(出典:http://natalie.mu)

ロックバンド『毛皮のマリーズ』のボーカルとして2003年~2011年まで活動します。『毛皮のマリーズ』を解散した後は、自らのソロプロジェクト・ドレスコーズとしての活動を行っています。ドレスコーズは、2015年まではバンドスタイルを取っていましたが、2015年以降はライブ、レコーディングのたび毎に、流動的に志磨さん以外のメンバーが変動するというスタイルを取っています。

・市川実和子

(出典:https://tomitoko.com)

スカウトされてファッションモデルとしてデビューします。『CUTiE』や『an・an』といったファッション雑誌で1991年頃からカリスマ的人気を誇りました!『non-no』『Olive』『H』など数多くの雑誌にモデルとして登場し、女優としても2000年頃から、映画やテレビドラマを中心に活躍しています。

・ミッキー・カーチス

(出典:http://dze.ro)

歌手・タレントとして1960年代から活躍、俳優としての活動も2009年のドラマ「任侠ヘルパー」や2008年の映画「クロサギ」など多くの有名な作品に出演しています!1961年に芳村真理さんとの結婚後、1964年に離婚、1971年にタレントの西野美代子さんと再婚しますが2002年に離婚しました。そして2008年1月下旬に3度目の結婚を、33歳年下のピアノ講師としています。

・キャスト一覧

望月夏芽 小松菜奈
長谷川航一朗 菅田将暉
大友勝利 重岡大毅
松永カナ 上白石萌音
芽衣子 市川実和子
鉄男 ミッキー・カーチス
広能晶吾 志磨遼平
直樹 斉藤陽一郎
蓮目匠 嶺豪一
竜太 伊藤歩夢
航司郎 堀内正美

「溺れるナイフ」映画動画のあらすじは?

(出典:https://matome.naver.jp)

映画「溺れるナイフ」のあらすじを見ていきましょう!東京で人気モデルとして活躍する夏芽は、15歳の夏に東京からとても遠く離れた田舎町に引っ越してきます。見るもの全てが退屈でうんざりしてしまうようなこの町で、夏芽は一筋の閃光、コウという少年と出会います。

あらゆる事に自由で傲慢、そして激しい一面を持つ金髪の美少年・コウに夏芽は反発を覚えながらも惹かれていきます。そしてコウもまた夏芽の何とも言えない美しさに惹かれ、2人は付き合う事になります。2人でいる時間に感じる無敵、万能感に至福の日々を送っていました。

「この世の全てはコウちゃんの物、そして私もコウちゃんの物」夏芽はコウに全てをゆだねる事に喜びを感じていました。しかし、夏祭りの夜に全てが幻想、まやかしで虚構だったと、2人が痛感するような現実が付きつけられることになります!

「溺れるナイフ」映画動画の見どころは?

「漫画を見たことがある方でしたら誰でも感動してしまうような
名シーンがきちんと再現できているところです。
なかなか実写ではむずかしいのではないか?と思っていたのですが
きちんと漫画ファンも納得させることができるような仕上がりになっていたと思います。
原作と登場人物の見た目が似ているところも良かったと思っております。
子ども向けかと思われるかもしれませんが、きちんと大人がみても男性がみても女性がみても
おもしろいストーリーになっておりますので、そのあたりも見所の一つとなっております。
短くまとめてありますが満足できる映画です。」(30代・女性)

「溺れるナイフ」映画動画の登場人物の魅力的な所は?

「まず主人公がとっても可愛らしく、原作通りなところです。
モデルをやっているという設定の女の子ですので、絶対にスタイルの良い子を選んでほしいなと思っておりましたので
その通りの登場人物で本当に安心致しました。
コウちゃん役の方もきちんと難しい役どころをこなしておりましたので原作ファンとしても嬉しい限りです。
その他のそこまで出てこない登場人物たちもきちんと作りこまれているところが大変関心致しました。
実写化は大体失敗することが多いと思うのですがこの映画に関しては大成功だったなと感じております。
何度でも見てしまいます。」(30代・女性)

「溺れるナイフ」映画動画のスタッフは?

映画「溺れるナイフ」のスタッフを見てみます!(敬称略)

監督 – 山戸結希
脚本 – 井土紀州、山戸結希
照明 – 宮西孝明
撮影 – 柴主高秀
録音 – 飴田秀彦
衣装 – 伊賀大介
美術 – 三ツ松けいこ
音楽 – 坂本秀一
音楽プロデューサー – 菊地智敦

「溺れるナイフ」映画動画を観た人の感想・レビュー!

(出典:http://mighpa.xsrv.jp)

映画「溺れるナイフ」を観た人たちの感想・レビューは、こんな感じです!

・小松菜奈と菅田将暉の美しさ。
そして重岡が最高の映画でした。

・改めて小松菜奈と菅田将暉の魅力を感じた。
なんか自分だけかな小松菜奈の声が音声別撮りみたいに聴こえたのは笑
重岡大毅もかっこよかった。
思いっきり内容は凝縮したように感じたので原作はどんなのか気になった(´ー`)
好き嫌いが、淡々とした演技は分かれるかなと。

・早いの内容は置いておいて、かっこよすぎ。動く雑誌を見ているようだった。

・重岡大毅さん初見だったですが超超良かったです…高確率で女子は重岡君に惚れるよ…🙃
萌音ちゃんも方言が板について良かったー。同級生二人の方が主演二人より親近感わいて好きだったかも…。

・綺麗!
丁度大友くんは良い👏🏻
大好きなタイプの人間みんなでてきて良かった👏🏻
ペディキュアのシーン!
バッティングセンター行きたい!

・漫画の世界観を出すのは難しいけど、菅田くんはかっこよすぎる
大友くんみたいな人がおったらいいなー!

・現実にコウちゃんがいたら好きになってる
菅田将暉と小松菜奈の美しさ◎
自然が力強くて綺麗

・キャスト勝ちなところはあるけど、かなり見終わったあと切ない気持ちにさせてくれたので◎
菅田将暉の横顔の美しさ

・原作未読、俳優陣目当てで観ました。
きらびやかで脆い、全てを放り投げてもいいと思える相手と過ごす日々と、少しずつ変わっていく環境とそれを侵食していく大人への導き。全てが繊細で、でも燃える密やかな火のように、一言じゃ表現できない作品でした。
強く、映像で魅せるというのが伝わり、珍しくこのジャンルにしては確信をつく台詞などは少なめ。映像と俳優陣の演技力で、目の保要になりました。もちろん主役2人はですが、脇を固めた重岡くんと上白石さんの怪演ぶりもたまりません。
後半からの上白石さんの、雰囲気の変貌ぶりには怖さをシンプルに感じます。静けさがある、菅田くんが演じたコウの怖さよりも、底からもっと這い上がるような怖さでした。
重岡くんは、もう演技なのか素なのか分からない絶妙なラインが良かったです!自分以外は観ていた層が若かったからかもですが、笑いが重岡くんが話す度に起こり、歌のシーンは爆笑でした。他がしっとりしてるシーンばかりで、画面に明るさをあそこまで引き出せる重岡くんすごい!
主役2人より、脇を固めた2人に最終的にもっていかれた印象しか残りませんでしたが、しばらくは観終わったあとに頭に残る、そんな作品でした。

・色んな人から言われていたけど、映像美。
きちんと色んな色の美しさを引き出す監督さんなんだなあと思った 青のきらめきが素敵
想像と全然女の子の性格が違って、びっくり!もっと自立してクールかなあと勝手に想像していた。想像以上に無邪気な恋心だった
とっても大友くんがいい人…好感度ぐんぐん!
花の蜜を吸うシーンが美しくて好き。
ラストはイマイチと聞いてハードルが下がっていたからか、なんかそうなんだ…という感じに納得してしまった。
あの年齢の無力さとか、危うさとか、決断力が美しい映像で表現されていて良かった。

・これまでは「なんでそうなっちゃうのよ!」
っていう少女漫画特有の
ある種これぞ醍醐味的な流れを苛々と見ることしかできなかったため、少女漫画全体に対する偏見めいたものが漠然とあったのだが…
こうも世代ど真ん中な音楽たちと、詩的な映像に彩られてしまうとグッとくるのは避けられない。俺たちの映画だこれは!言いたくなってしまうような…
あれ、俺重大な畑開拓してなかったかも…と思わせてくれるような、原作も読みたくなるような。
美しすぎるオープニングと陳腐かもだけど最高なエンディング
大友がらみのシーンが大友いい奴というか軒並み名シーン
小松菜奈も良い
凄すぎっしょ上白石萌音ちゃんあの目!
菅田将暉のコウの言わずもがなな神懸かり的美しさよ…
素晴らしい仕事を伊賀大介のスタイリングもしているし
アーティストとしての志磨遼平の説得力ありすぎる佇まいとか、自分のクリエイションに良いか否かを常に、芸術として観察してるあの残酷な感じとか含め素晴らしい。
なによりそのコミック・ジェネレイションの再録を主題歌とする粋さ
100倍思っていたよりよかった。

・私が欲しているのは眩い、身体を貫くような閃光だけなのだ。息が止まるほど、目が回るほど、震えるほどーーーー
主演の2人が眩しい。
モノローグが素敵

・菅田将暉演じる独特なコウの空気感にも惹かれるんだけど、わたしはなによりも重岡くん演じる大友くんが好きすぎた…特に椿の花をくわえてるシーン…!!!大友くんのことが個人的には大好きになる映画でした

・とても綺麗。菅田将暉も小松菜奈もとても綺麗でとても浮雲の山や海、火祭りの映像とあっていた。自転車のシーンも、海に潜るシーンも、追いかけあうシーンも色々他もこの2人の綺麗さだから成り立つ感じ。椿が小松菜奈ちゃんはとても似合う。
音楽もいい感じでした。

・わからん、でも余韻はすごい。
どれもシーンがきれいな写真みたいで綺麗に見えた。
ぐいぐい「映像で魅せたい」って感じがしてた。

・めちゃ主役の2人と大友くんがいるだけで良いのに作り手が時々音楽とか編集にチラつくのが邪魔だった。

・菅田将暉も小松菜奈もそれだけで美しすぎて絵になる。キレイにもっと生きたかったと言っていたけど、十分じゃけえのうもう。

・何がいいって俳優陣!
魅惑的なオーラが菅田将暉くんも小松菜奈ちゃんもすごい。
2人のことを思わず知りたくなる、、、
独特な世界観、、、
惹かれ合うのもわかるなぁ
人をこんなにも好きになれて
それを伝えられるって素敵なことよね

・何これの連発。
動けなかったやっぱり。
凍える冬の灯油の切れた部屋の中であっても。
見えない力が作品自体に宿っているような。
言葉に形容できないのが悔しい。
完璧なキャスティングを濡れた髪の白と黒をみつめながら想う。
とんでもなく眩かった。
ああ、監督、脚本、役者、すご。
非常に好みです。
一日鑑賞してから経っておさらい本編の予告を見ながらしていたら、ひとつの言葉が浮かんだ。
淡い。
言葉でこの映画を表現すると、その単語が私はぴったりのような気がします。

・ベタな恋愛モノかと思っていたが見たらちょっと違った…。
主演の旬な二人が眩しい‼︎
山や海の映像、描写がキレイ‼︎

・菅田将暉と小松菜奈の魅力が詰まりすぎてた。
いきなりの展開の部分もあったけれど
とても内容よかった!

・とても映像が美しくて、すごく小松菜奈ちゃんの涙の演技も好き。登場人物の主なみんながまっすぐで胸が熱くなる。

・もう大友くんロスすぎて、溺れるナイフのDVD本編からメイキングまで3周してしまってる

・コウちゃんがもうあれ以上輝くことは絶対になくて、時が経てば普通の大人になっていくと思うけど、もう二度と会わない代わりに夏芽の中のコウちゃんはやっぱり神々しいコウちゃんのままで、きっとそれがずっと夏芽の背中を押し続けるんよね…

・大体恋愛物で映画化した邦画はキュンキュンでベタ!だと思ってたけどちょっとこれは外れてた。大友にとにかく惹かれまくる映画

・もうあのしげちゃんめっちゃいいの💭✨そうなんや~(;;)

・今更溺れるナイフ観たけどんだまじ菅田将暉しゅき……

・昔から溺れるナイフのコウちゃんみたいなタイプの男の人、なんか好き💞
自分から必死にこの人の事好き!って感じになったこと人生で無いけど…( ˙꒳​˙ )💭
負け戦はイヤやから一生無いだろうな💭それはそれで悲しい。笑

・溺れるナイフのコウちゃんってかっこいい~方言がいい感じ

菅田将暉さん派と重岡大毅さん派に分かれるのも、興味深いですね!

「溺れるナイフ」映画の予告動画は?

映画「溺れるナイフ」の予告動画はこちらから観る事が出来ます!

「溺れるナイフ」動画はいつまで配信されるの?

『ツタヤディスカス』サービスですが、今は見ることが出来ますがいつ終了するか分からないので、登録しておくことをお勧めします!

クリックしてください!
↓    ↓    ↓
「溺れるナイフ」を観る!

関連記事

菅田将暉さん最新作が見られますよ!→「あゝ、荒野」映画の動画はパンドラTVで視聴出来る?


-シネマ

Copyright© ドラマで毎日を楽しく!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.