シネマ

デメキン 映画の動画をフルで観る方法

更新日:


お笑い芸人の佐田正樹さんかいじめられっ子から福岡最強暴走族の総長になる姿を描く「デメキン」、映画のフル動画を観るのにあなたは、無料サイトで検索しますか?映画「デメキン」のフル動画を観るには、無料サイトよりもいい方法があるので、今日はその方法をお話ししますね。

とにかく今すぐ映画「デメキン」の動画を観たい!という人は、こちらをクリック
↓  ↓  ↓
「デメキン」を観る!

デメキン 映画を無料動画配信サイトでフルに視聴すると危険?

(出典:https://deview.co.jp)

映画「デメキン」のフル動画を今日時間あるので今すぐ観たい!っていうあなた、無料配信サイトのパンドラなどで観よう!と思いますか?私markeyも、実は今日無料サイトのパンドラで映画「デメキン」のフル動画を検索してみましたが、タイトルは文句なく「デメキン」ってなっていますが、内容は違っていたり、予告動画しか観る事が出来なかったですね><

これはどういう事?と思いました。何となく分かったのは、映画「デメキン」のフル動画が、パンドラなど無料サイトでは削除されて観れないんだな、という事です。たとえ削除し忘れで、パンドラで映画「デメキン」のフル動画を無料で観れたとしても、浮かれていられないんです。

どうして浮かれてはいけないのか?それは、パンドラなど無料サイトにはリンクが貼ってあるんですよね。あなたがこのリンク先に飛ぶと、せっかく大切にあなたが運用しているPCがウイルスに感染するかも知れません。PCはウイルスに感染したらもはや、最初からバックアップをしてさらに初期化と、もう先の長~い作業を行わないといけないです。そうやっても直らないのなら、最悪のシナリオとして、PCを買いにショップに出向かないといけません!

もっと不吉な事を言うならば、パンドラであなたが映画「デメキン」のフル動画を観た事が、それは本来なら法律に違反しています!その理由を話しますと、パンドラ内にある動画は、全部ではないとは言うものの、違法動画です。だから、そのような違法動画をあなたがダウンロードするなら、犯罪となります。もし著作権者があなたの違法行為を告訴したら「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」となってきます。

あとこれは機械的な不具合でしょうがないんですが、パンドラなどの無料配信サイトは、画質に乱れが多く見ずらいです><

デメキン 映画の動画をフルに無料視聴する安全な方法は?

(出典:https://news.yahoo.co.jp)

このように見てくると、パンドラや無料動画配信サイトで動画が観られないんですから、他に方法なんかないじゃない?と思いますよね!それがあったんです!『ツタヤディスカス』を利用しましょう(^^)

ツタヤディスカスを利用すれば、告訴される夢を見ずに、PCを新規で買う出費もなく映画「デメキン」のフル動画を楽しめます!
ツタヤディスカスのシステムは、

➀CD/DVDの宅配レンタルサービス(月額1865円/税抜)
➁オンライン動画配信サービス(月額933円/税抜)
➂(➀と➁を合わせた)動画&定額レンタル(月額2417円/税抜)

という3つのプランからあなたの好きなものを選択可能で、映画やドラマのフル動画を色々な方法で楽しめますよ。

1個目の『定額レンタル8』プランは、1ヶ月に新作DVDを最大8枚、そして旧作DVDは借り放題です。店舗に行く手間なくCD/DVDを自宅に届けてもらえますので、返却も専用の封筒でポストに投函出来るので簡単です!

2個目の『動画見放題』プランは、見放題対象作品は当然見放題な訳ですが、本来見放題となってない新作についても、毎月付与されるポイント(1080ポイント)を使って視聴出来るプランです!(新作400ポイント、旧作300ポイント)
だけどあなたはこのような不安があるのでは?「パンドラは無料て気軽に利用出来るけど、ツタヤディスカスは月額料金を払うから敷居が高い!」だけどお金の心配ならなくなります!今はキャンペーン期間実施中で『ツタヤディスカス』は、30日間の無料お試し期間がありますので、解約をお試し期間に実施してしまえば、正真正銘の無料になります!

登録もとってもカンタンで氏名・メールアドレス・パスワード・クレジットカード情報を入力するだけなので、「ラッキー!ひょっとしてもう観れる?」となります!

クリックすれば観ることができます
↓    ↓    ↓
「デメキン」を観る!

デメキン 映画動画の作品情報とあらすじは?

「デメキン」は、お笑い芸人「バッドボーイズ」の佐田正樹さんの自伝小説を実写映画化したもので、それ以前に漫画化もされていました。主人公の佐田正樹役に「サクラダリセット」「14の夜」の健太郎さん、監督は三池崇史監督の下で助監督を務めた後、「猫侍」などでメガホンを取った山口義高さん。脚本は「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞して、「14の夜」で監督デビューを果たした足立紳さんが担当しています。

目が二重でギョロっとしていた佐田正樹さんは、幼少期から「デメキン」と呼ばれ、いじめられていました。ある日「強くならなくては」と覚悟を決めた佐田さんは、いじめっ子たちを返り討ちにするまでにケンカの腕を上げ、敵なしの存在となります。

赤髪でリーゼントというビジュアルをトレードマークに中学、高校とケンカに明け暮れる毎日を送り、小学校からの親友から福岡一の暴走族チームを作る話と持ちかけられました。チーム「亜鳳」を結成し福岡最大勢力となった佐田さんと親友たちには、血気盛んな敵が次々と待ち構えていたのです。

デメキン 映画動画のキャスト紹介

佐田正樹 役-健太郎

(出典:http://トレンドニュース速報.jp)

14歳でボン イマージュに所属します。モデルとして雑誌、広告を中心に活動し、2014年のドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」で本格的に役者デビューを果たし、その演技が話題を集めます。その後「俺物語!!」「TRANSIT GIRLS – トランジットガールズ」などの話題作に次々と出演しました。

現在はaoaoに所属し、TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」のスタジオレギュラーなども務めました。

合屋厚成 役-山田裕貴

(出典:http://jongjong2323.com)

高校卒業後に芝居の勉強をするため、ワタナベエンターテイメントカレッジに入ります。卒業後、2010年の「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストに残りましたが、D☆DATEの新メンバーには選ばれませんでした。ところが事前投票で1位だったことから、急遽設けられた「D-BOYS部門」のグランプリに輝きます。

その後ワタナベエンターテインメントに所属。2011年、テレビドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビュー後、
2012年6月、テレビドラマ「D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」」で初主演を果たしました。

映画初主演は2014年、「ライヴ」です。2017年は映画だけで14本出演、そのうち12本が公開になるという飛躍の年となり、また「カメレオン俳優」とも呼ばれるようになった年でした。

真木 役-柳俊太郎

(出典:http://eiga.com)

2009年の第24回MEN’S NON-NOモデルグランプリを受賞し、モデルデビューします。2011年にファッション・シューティングで俳優の浅野忠信さんと出会って、役者になりたい意向を話すと浅野さんの事務所ANOREに所属する事となりました。俳優デビュー2012年、映画「ヴァージン「ふかくこの性を愛すべし」」です。

趣味は、サッカー、料理、映画鑑賞、特技は、水泳、サッカー、バレーボールです。小学校から中学卒業まではプロサッカー選手を夢見てサッカー部に所属していました。高校からはバレーボールに部所属し、高校バレーの宮城県大会では準優勝を果たしています。

アキ 役-今田美桜

(出典:http://seiyamoon.com)

6歳の高校2年生1の時に福岡の天神でスカウトされ、福岡のモデル事務所に所属します。福岡で1番可愛い女の子というキャッチフレーズがつき、福岡でのテレビ番組をきっかけに東京での仕事が増え始め、東京に通う中で女優として勝負をしたいと思う気持ちが高まりました。。

福岡の駅でポスターに写っている姿がBIGFACE社長の目に留まって19歳の時にスカウトされ、2016年8月に上京、BIGFACEに所属します。
2017年7月に週刊プレイボーイ31号で初水着グラビア、2017年10月からは、フジテレビ月9「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」にレギュラー出演を果たしました。

2017年の中川駿監督の自主制作短編映画「カランコエの花」に出演し、第26回レインボー・リール東京「レインボー・リール・コンペティション2017」グランプリなど数々の賞を受賞。

見た目と中身のギャップがあり、男っぽい性格で、演技に対しては相当ストイックです。アクション・殺陣などは、合間を見つけては自分磨きの勉強をしています。趣味は語学の勉強で、特技は博多弁の早口言葉です。2017年に中国語検定2級を取得、マイブームは料理です。

マーカツ 役-高橋里恩

ヨージ 役-田中偉登

鮫島 役-福山翔大

将 役-三村和敬

大沼部清人 役-藤木修

ミツグ 役-岩永ジョーイ

三浦 役-神永圭佑

庄野崎源太 役-成田瑛基

蘭忠次 役-笠松将

大八誠 役-黒石高大

店長 役-坂田聡

しょうじ 役-両角周

てつや 役-本田聡

ヒカル 役-中崎敏

松本 役-松井薫平

ノッポ 役-NOZOMU

デブ 役-水沼天孝

デメキン 映画動画のスタッフ紹介

監督-山口義高
脚本-足立紳
原作-佐田正樹
製作-間宮登良松 永森裕二
エグゼクティブプロデューサー-加藤和夫
プロデューサー-佐藤現 木村俊樹
撮影-神田創
録音-渡辺丈彦
ヘアメイク-宇都圭史
美術-将多
衣装-ヤマダタカノブ
助監督-古川豪
制作担当-今井尚道

デメキン 映画動画を観た人の感想は?

映画「デメキン」を観た人たちの感想は、こんな感じです。

・こじんまりとした映画だけど、疾走感もあふれて笑えて泣ける名作だった。
足立紳の脚本は外れがなくておすすめです。
今年三本以内に入ると言いたい。

・めっちゃ面白かった!!
初めて暴力系?の作品見たけど、本当に面白かった
女友達に勧めたくなる!
健太郎の演技良すぎ。本当に本当に、これからの作品が楽しみ
劇場少ないのが勿体なすぎる。。

・かっこいいなー大八誠さん。
周囲と少し山田裕貴さんが違って一足先に大人になっていく感じグッと来ました。
そんなに実話っぽさは無くて入り込みやすいし、喧嘩は、でも痛そうでその辺りのバランスも好きです。

一人のお笑い芸人さんの自叙伝、というものを超越した面白さだと思いますよ!

デメキン 映画の予告動画は?

映画「デメキン」の予告動画は、こちらから観ることが出来ます。

そしてこのサービスは、今は見ることが出来ますがいつ終了するか分からないので、登録しておくことをお勧めします!

クリックしてください!
↓    ↓    ↓
「デメキン」を観る!


-シネマ

Copyright© ドラマで毎日を楽しく!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.